ゲストさん

コーヒー袋の特性

焙煎したコーヒー豆からはガス(CO2)が排出されます。

焙煎豆を販売される場合、ガスが充満することによる袋の破裂を防ぐ対策する必要があります。

昔ながらのやり方でしたら、袋の見えにくいところにわざと穴をあけてガスを逃がしたり、焙煎してからある程度時間をおいて、ある程度ガスが抜けきったところでパッキングしたりする方法があります。 しかし、「時間をかけたくない」「衛生的に穴をあけるのはちょっと…」といったご意見から、コーヒー専用袋が誕生しました。

アロマキープパック®について

アロマキープパック

アロマキープパック®の特徴

AKP

アロマキープパックはコーヒーから発生するガスを袋の外に出し、袋の破裂を防止します。
また、逆止弁バルブの効果で、外気の侵入を防ぎコーヒーの酸化を抑制します。

コーヒーをパッキング後は、外気にさらされることなく袋の中のガスを出すので、焙煎豆の劣化防止に繋がります。

袋詰めからエンドユーザーの開封まで、比較的長期間の販売に使用可能です(贈答用や、小売り卸といった[ 購入者がエンドユーザーではない ]とき)

表示

アロマキープパックの表記をしています

他の袋と間違えないよう、アロマキープパックの表記をしています(この表記を外すことはできません)。


● メリット

袋の製造工程で加工するので、ボタン型バルブよりコストが安い。フィルム状のバルブなので嵩張らない。煎りたてのコーヒー豆をすぐにパッキングできる。アロマブレスパックに比べると長期的な保存ができる。


● デメリット

アロマブレスパックに比べると、ガスの抜けが緩やかなので、袋が膨らみやすい


● コーヒー保存期間

概ね1か月~1年で設定されていることが多いです。
(コーヒーは嗜好品ですので、保存期間の設定はお客様でご判断願います)



ご使用時の注意

適切なヒートシールをしてください

アロマキープバルブの効果を発揮させるためには、外気の進入を防ぐ必要があります。
袋の材質は外気を中には入れない仕様になっていても、適切なシールが出来ていないことで袋の口から外気の進入を許してしまうと、アロマキープバルブの意味がありません。 お使いの際は、袋の形状・厚みに合った適切なシーラーをご使用ください。

ヒートシーラーはこちら

ヒートシーラー

ガスで膨らむことがあります

この袋は弊社で販売している「アロマブレスパック」に比べると、ガスの抜けは緩やかです。
焙煎したての豆を入れると、ガスの排出が間に合わずに膨らんでくることがございます。 また、まれに、バルブに細かい粉が入り込んでしまい、ガスが抜けなくなることがあります (コーヒー豆より、コーヒー粉の方がこの現象が起こりやすいと報告されています)。 袋が膨らんだ時の対処法として、バルブの下部を抑えると、ガスが抜け易くなります。 袋全体を揉んだり、全体に圧力を加えないでください。

油分がにじみ出ることがあります

アロマキープバルブからコーヒーの油がにじみ出ることがありますが、機能上問題ございません。
特に深煎りのコーヒーは油が発生しやすいので、漏出しやすくなります。
バルブの構造上、この現象を防ぐことは出来かねます。予めご了承ください。

対策:保管時に寝かして置く場合は、バルブを上にして保管ください。 コーヒーを入れた後の袋は、バルブを下にして寝かした状態で置くと油分が下に溜まりますので油じみは出やすくなります。


アロマキープパックの膨らみが気になる

アロマキープパックに使用しているバルブは、商品によって若干の個体差はありますが、抜き打ち検品で、バルブの製品チェックを行い、許容範囲内の商品を出荷しています。 夏場の暑い時期や、暑い倉庫内など、コーヒーの炭酸ガスが出やすい暖かい環境の場合は、ガスがたくさん出ますので、膨らみやすくなります。また、近年の猛暑により、今まで膨らんでいなかったのに、急に膨らみだすケースもあります。
コーヒーが焼けている証拠なので、膨らみは悪いことではないのですが、製品の都合上、膨らみを抑えなければいけない場合はまずはこちらをご確認・お試しください。

1. ヒートシーラーは適切か今一度ご確認ください

袋を密閉状態にすると、炭酸ガス発生に必要な酸素も侵入しなくなります。 通常、袋のシール時に入った外気は、コーヒーから出るガスと一緒に排出されます。 それでも袋の膨らみが激しい場合は、ヒートシール時に溶着しきれておらず、どこか接着面に小さな通気孔(ピンホール)があいているため、外気の侵入でコーヒーの酸化を進めている可能性があります。 フィルムのトータルの厚さ・袋の形状にあった適切なシーラーを使用できているか、今一度ご確認ください。

2. 暑い時期はエイジング期間を通常時期より多めに

去年の夏は大丈夫で膨らまなかったけど、今年は膨らみやすい、というお話はよく伺います。袋に入れるまでのエイジング期間を通常より長めに設けていただくことで、解消されます。

3. 豆のコンディションによっても、ガスの出かたに差が生じます

バルブに若干の個体差があるのと同様、焙煎豆にも個体差は発生いたします。 よく焼けている豆はガスが出やすくなりますし、焼きムラや、ブレンド調合によって若干の偏りが発生しますと、密封時、袋の膨らみが違ってきます。

製造工程は同じなのに数個に 1 個くらい膨らんだり膨らまなかったりする、というのはこれらが一因となっています。
店舗様で製品化するにあたり、どうしても膨らみを防がなければいけない・均一でないといけない場合、まずはシーラーが適切かご確認いただき、お手間をおかけすることになりますが、エイジングの時間調節などでご対応願います。

通常、適切にシーラーをかけた場合、密閉状態になり、スピードの違いはありますが、緩やかにガスは抜けていきます。 全くガスが抜けない袋が連続して何個も発生する場合は、弊社までご連絡くださいませ。

※「アロマキープパック」「アロマキープバルブ」は弊社の商標登録です。

アロマブレスパック®について

アロマブレスパック

アロマブレスパック®の特徴

アロマブレス

焙煎したてのコーヒー販売に最適

煎りたて・挽きたての焙煎豆からは炭酸ガスが発生します。
コーヒー販売時に密閉袋へ入れてしまうと、ガスが充満し袋が破れる可能性があります。

アロマブレスパックは、焙煎豆から発生する炭酸ガスを袋の外に出すことにより袋の破裂を防ぎます。

アロマブレス

アロマブレスパックの説明を表記しています

他の袋と間違えないよう、アロマブレスパックの表記をしています(この表記を外すことはできません)。


● メリット

袋の製造工程で加工するので、比較的単価が安い。煎りたてのコーヒー豆をそのまますぐにパッキングできる。


● デメリット

ワンウェイではないので、コーヒーガスが出きってしまったら、外気が入る可能性がある。長期保存には不向き。


● コーヒー保存期間

概ね1か月程度で設定されていることが多いです。
(コーヒーは嗜好品ですので、保存期間の設定はお客様でご判断願います)



ご使用時の注意

保存袋ではありません

この袋は、コーヒー豆の販売用袋で、保存用の袋ではありません。

珈琲の鮮度を保つためにも、コーヒーご購入後の保存には、密閉容器などに移し替えていただくことをお勧めします。

油染みが発生することがあります

アロマブレスパックは、ガス抜き穴からコーヒーの油が漏出し、紙に付着することがございますが、機能上は問題ございません。
特に深煎りのコーヒーは油が発生しやすいので、漏出しやすくなります。

この現象を防ぐことはアロマブレスパックの構造上出来ませんことを予めご了承ください。

排気口を防がないでください

ガスが抜ける部分をシールやテープなどで塞いでしまいますと、アロマブレスパックの機能を発揮できません。お気を付けください。

膨らみが気になる場合は…

アロマブレスパックは、袋の外にガスが出るような機能があり、ガスが充満しても袋が破裂することはありません。

しかし、焙煎したての豆をたくさん入れると、袋外へ排出するスピードとガスが出る量が追い付かない場合があります。
膨らみが気にある場合は、袋を押していただくと、ガスの排出が促されます。

※「アロマブレスパック」「アロマブレス」はニコノス株式会社の登録商標です。

ボタン型バルブについて

ボタン型バルブの特徴

バルブ

いろいろな袋に後付け可能

袋にボタン型のワンウェイバルブを後付けし、コーヒーガスを袋の外に排出します。対応している袋であれば取り付けが可能です。

アロマキープパック®と同様、外気が入らないので、焙煎豆の劣化を防ぐことができます。

必ず適切なヒートシーラーを使用し袋を密封する必要があります。
※後付けバルブにはBosch(ボッシュ)バルブを使用します。

● メリット

いろいろな袋へ取り付けができる。袋の口を適正にヒートシールすることで密閉できる。


● デメリット

1つずつ手作業で取り付けるため、納品まで時間がかかる、袋1枚当たりの単価が上がる

バルブに厚みがあるため、平置きの状態で嵩張る


● コーヒー保存期間

概ね3か月~1年で設定されていることが多いです。
(コーヒーは嗜好品ですので、保存期間の設定はお客様でご判断願います)



ご使用時の注意

単体の販売はしていません

このバルブは取り付ける装置が必要となりますので、バルブ単体の販売はしておりません。予めご了承ください。

排気口を防がないでください

ガスが抜ける部分をシールやテープなどで塞いでしまいますと、バルブ機能を発揮できません。お気を付けください。

アロマブレス?アロマキープ?バルブ?違いについて

それぞれに特徴があります。2つの機能を同時につけることはできません。

※表は横にスクロールできます

アロマブレスパック® アロマキープパック® ボタン型バルブ
アロマブレス アロマキープパック ボタン型バルブ
コーヒーガスの排出
焙煎したての豆を封入
ガスで袋が膨らまない
珈琲の油じみが少ない
外気が侵入しない
取付位置の変更 × ×
長期保存ができる
コスト比較
袋保管時の省スペース
ギフトに適している
コーヒー袋の口は、適切にヒートシールしてください
※ アロマブレスパックのシール部分からコーヒーの油分が染み出ることがあります。 ※アロマブレスパックはガスが抜け切った後に外気が入ることがあります。  ※袋の価格はサイズや携帯により異なりますが、200gのマチ付き袋を基準としています。

脱酸素剤(エージレス)を封入

エージレス

今までの袋の外にガスを逃がす機能ではなく、脱酸素剤(エージレス)をコーヒーと一緒に密封することで、コーヒーから出る炭酸ガスを吸着させます。
空気中には約21%の酸素が存在しますが、エージレスは密閉容器中の酸素を吸収し、脱酸素状態を作り出します。エージレスが酸素を吸収するとその分だけ体積が減り、密閉容器中の残りの気体はほとんどが不活性ガスのチッ素となります。
弊社が取り扱う「エージレス」は2タイプ。焙煎後のコーヒーから出る炭酸ガスと、袋中の酸素を同時に吸入するタイプと、簡易の小型用エージレスで、袋内の酸素を吸収するタイプ。ガスも同時に吸着する[Eシリーズ]は100g用、200g用、500g用をご用意しております。
脱酸素剤の機能を発揮させるためには、必ず袋を適切なヒートシーラーで密封する必要があります。
空気に触れている状態で機能し続けるので、脱酸素剤の袋を開封したら一度に使い切ってください。

● メリット

コーヒーと一緒に袋に入れるだけなので簡単
いろいろな袋へ封入できる
長期の保存ができる


● デメリット

適切な吸着量のエージレスを選ぶ必要がある
脱酸素剤の袋を開封後は、すぐに使い切らないといけないので、少しづつ使うには不向き


● コーヒー保存期間

概ね1年で設定されることが多い
(コーヒーは嗜好品ですので、保存期間はお客様でご判断ください)

脱気(真空)シーラーを使用

袋に封をする際に袋の中に残っている空気を取り除き、真空状態で密封するシーラーを使用します。
コーヒーは酸素に反応し、炭酸ガスを出します。酸素をほとんど残さず封をするので、炭酸ガスが発生しにくくなります。
エージレスと併用する場合もありますが、エージレスを封入する際は、緩やかな脱気状態でないとエージレスが機能しない場合があります。

よくあるご質問

コーヒーに最も適した袋はどれですか?
それぞれの素材に、メリットデ・メリットがございますので一概に言うことはできませんが、当社ではコーヒーから出る炭酸ガスを外に放出するもので、長期保存ができるアロマキープパックをおすすめいたします。
アロマブレスパックにエージレスは入れることができますか?
アロマブレスパックはガスが抜ける出入り口をわざと作っている袋で、密閉できませんので、エージレスを入れることはできません。
バルブパーツだけの注文は可能ですか?
大変申し訳ございませんが、パーツのみの販売は行っておりません。ご了承ください。
バルブの取り付けは何枚の注文から行っていただけますか?
基本的に何枚からでもご注文いただけますが、1,000枚以下の場合料金が割高になります。バルブの取り付けは、1,000枚単価でのご注文をおすすめいたします。
アロマブレスパックやアロマキープパックにボタン型のバルブは取り付け可能ですか?
アロマブレスパックやアロマキープパックには、もともとコーヒーから排出されるガスを袋外へ出す機能がございます。取り付けることはできません。
バルブとエージレスを併用できますか?
可能ですが、ワンウェイバルブは袋内のガスを袋の外へ排出する機能があります、また、エージレスも袋内のガスを吸着する作用があります。機能としては同様のものになりますので、どちらか片方だけでも問題ございません。
バルブと真空を併用できますか?
緩い真空状態であればご利用いただけます。強い真空状態にすると、空気の通る隙間がなくなりバルブの排気口と内容物が密着してしまい機能しない可能性がございます。
2か月に一回発行中! サンプル無料クーポン

ショッピングガイドGuide

コーヒーの参考内容量について

袋の詳細にある内容量はコーヒーの容量(グラム)を表しています。コーヒーは煎り具合や挽き方によって体積がおおきく変わります。 したがって、必ず記載通りの容量を封入できるわけではございません。
あくまでも目安としてご参考にしていただき、実際に入るかどうかはサンプルをご試用の上、ご判断ください。

ご注文方法について

お電話でのご注文は間違いを防ぐためお受けしていません。
また、ショールームやショップは設けておりません。インターネット販売のみとなります。

配送・送料について

商品総額3万円以上(税抜)で送料無料!

★ホームページのお買い物カートからご注文限定★
1万円以上(税抜)で送料無料!

送料
北海道 東北 北陸 関東 信越 近畿
1,000円 900円 700円 700円 700円 600円
中部 四国 中国 九州 沖縄  
600円 700円 600円 800円 1,000円  

返品・交換について

お客様都合による返品・交換はお断りしております。
弊社からの商品に、汚損、破損、商品間違いなどがあった場合は速やかに交換させて頂きます。
ご一報いただいたうえ、7日以内に弊社まで商品をご返送ください。

お支払いについて

NP掛け払い(請求書払い)

月末締め・翌月末払いで銀行振込もしくはコンビニ決済が可能です。
※銀行へのお振込手数料はご負担ください。

NP掛け払い

クレジットカード

下記のマークの入ったカードはご利用可能です。

カード会社

銀行振込

お振込確認後に発送いたします。 ※振込手数料はご負担ください

代金引き換え

手数料:300円(税抜)

サンプル請求について

使用感・素材のご確認、サイズ違いを防ぐ為、ご使用前にサンプル請求をお勧めしています。
商品代金 + 配送料 + 消費税 がかかります。
サンプルのご請求が初めてのお客様で、規定枚数以内の場合は無料でお届け致します(一部商品は有料)。

お問い合わせ

運営:ニコノス株式会社WEB事業部 お問い合わせフォーム

Mail:info@niconos.co.jp